製品開発のためにマイクロスコープを使おう|性能と価格をチェック

業者に頼む意義

研究員

ハロゲン分析がなぜ必要なのかをしっかりと理解すれば、不正は起きる事はありません。業者に依頼する前に、この製品は「人類を超えて広く地球環境に大いに役立つ。」と言う信念があれば、業者の利用目的も理解できる。

詳しく見る

顕微鏡

光の示す道は無限大

マイクロスコープで行う観察方法の一つで「位相差観察」があります。光の回折と干渉で、透明な被写体に明暗をつけ観察する方法です。生きたままの被写体を観察する事ができ、血液・生体細胞・培養細胞の3つを観察する方法なのです。

詳しく見る

試験管

ハロゲンフリーへの対応

樹脂製品には難燃剤として塩素やフッ素などのハロゲン化合物が含まれている場合があります。ハロゲン元素は焼却処分の際に有害物質の発生するため、ハロゲンフリーの動きが世界的に拡大中です。専門の分析機関にハロゲン分析を依頼すれば自社製品に含まれるハロゲン元素の量が判明し、安心して出荷できるようになります。

詳しく見る

顕微鏡

機動力があります

マイクロスコープは、肉眼では詳細を確認できない微小なものを適宜拡大することで、意外な発見ができる長所を持っています。さらに、持ち運びが便利であることから、製造現場に持ち込んで利用することで、使用者にとって、大きな利益をもたらす場合があります。

詳しく見る

研究者

料金表をよく読もう

ハロゲン分析は分析する項目の数により、料金が違う。ヨウ素・フッ素・塩素・臭素の4項目の場合と塩素と臭素の2項目、そして個別の項目で2千円から4千円の料金変動がある。経費と相談しながら、無駄のない分析依頼を心掛けたい。

詳しく見る

性能で異なる価格

研究

小型のものや医療用など

マイクロスコープの価格は、性能によって大幅に異なっています。たとえば拡大倍率が数十倍ほどの、ペンタイプの小型のマイクロスコープの場合、1万円以下で購入することも可能です。比較的安価にもかかわらず、小型なので印刷物のごくわずかな歪みや色落ちなどを手軽に確認できます。一方、産業用や工業用のより高性能なマイクロスコープの価格は、10万円前後となっています。その分サイズが大きめなので、様々な対象物を設置できますし、ロングレンジなので、ある程度距離のある対象物も拡大して確認できます。また拡大倍率を千倍以上に設定できたり、映し出した様子をデータとして保存したりといったことも可能です。さらにレンズを動かしながら広範囲を映し出すこともできますし、その動きも滑らかです。中には、数百万円ほどの高価なマイクロスコープもあります。主に医療用として使われていて、非常に精度が高く、血液の細部や歯の根の奥なども、画面に鮮明に映し出すことができます。小さな細菌まで確認できるので、これを使用することで、ミクロ単位まで凝視しながらの、より確実性の高い安全な治療が可能となるのです。しかもその様子を患者にも見せることができるので、医療用マイクロスコープは、病状や治療方法などについて説明する際にも便利です。このようにマイクロスコープの価格の幅は広いので、用途と予算とを考慮しながら、より活用しやすいものを選んで導入することが大事です。

Copyright© 2017 製品開発のためにマイクロスコープを使おう|性能と価格をチェック All Rights Reserved.